男の離婚準備

【プロが教える男の離婚準備】財産分与とその分割割合は?

離婚準備を進めていくうちに問題となってくるのが財産分与です。
最も調整が困難になることが多いですが、この部分は丁寧に協議していかないと、特に男性はかなり損をする可能性があります。

 

分与の方法や割合は、夫婦がどのような労働形態なのかが重要です。
夫婦共働きの場合には、基本的には結婚後のすべての財産が2分割されます。
つまり、確実に半分は相手に譲渡することになります。

 

しかし、妻が専業主婦であったとしても、財産が2分割されることが多いです。
2分割されることが前提として、財産分与の対象となるのは、
現金や不動産、有価証券や家具・家電類です。高齢の夫婦であれば、
年金や退職金も対象となります。

 

現金は、銀行に預金しているもの、タンス預金で隠しているものもすべて対象です。なので、男性側は、
女性が現金を隠している疑いがある場合には、それを分割してもらえるように、探し出しておく必要があります。

 

また、妻の側の預金通帳もしっかりと確認しておくべきです。指摘しなければ、
分与してもらう意思がなかったとみなされてしまうことがあるので、離婚準備を始める段階で整理していきたいところです。

 

また、離婚準備をする場合には、借金にも注意しなければなりません。
共同生活のための借金は分割の対象となります。特に、結婚後に妻が勝手に借金した場合でも、
半額分の負担が回ってくることがあります。住宅ローンは、債務者とその住宅の名義をどうするかによって変化してきます。

 

特に、妻がその不動産を所有することになる場合には、不当にローンだけ支払うことになりたくないなら、
債務者を妻にしておけば安心です。しかし、妻に支払い能力がない場合には、男性も一部負担しなければならない場合があります。